就業規則に強い静岡の社会保険労務士事務所給与計算、賃金制度、就業規則作成。静岡の社労士事務所。就業規則作成のほか、法改正に合わせた就業規則の見直しを4名の社労士がバックアップ。

労務に関するご相談をお気軽にお問い合わせ下さい。

054-637-3131

平日9:00~18:00(平日・夜間土日祝は応相談)

MENU

一人親方の労災加入について(元請の方もご覧ください)

一人親方の労災保険特別加入

労災保険は「労働者」を補償する制度のため、自身が事業主である「一人親方」は労災保険の対象になりません。

しかし、建設業の一人親方などは、業務災害にあってしまう可能性は通常の労働者と変わらないため、国は特別に労災保険の加入を認めています。

一人親方の労災保険に特別加入するためには

一人親方の労災保険への特別加入は、直接労働局で手続きする事はできません。

一人親方の労災保険への特別加入は労働局から認可を得た『労働保険事務組合』を通じてしかできないからです。まず、労働保険事務組合へのご加入が必要です。当事務所は労働局から認可を得た労働保険事務組合(静岡経営労務管理センター)です。

一人親方の労災保険の取り扱いだけでなく、事業主の皆様に代わって労働保険料の計算、申告や役所への書類提出など労働保険の事務全般を行っております。

元請様にとってのメリット

最近はゼネコンを中心に「労災保険に加入していない一人親方を現場に入れない」という傾向が増えています。

当組合では毎年手続き完了後に元請様で取りまとめていただいた一人親方の特別加入者全員の一覧表を元請様に郵送しますので、間違いなく、労災保険に特別加入しているという情報が入手できて安心して仕事を任せられます。

一人親方は労働者ではなく事業主にあたります

※以下のようなケースでは労働者性が認められず特別加入をしていなければ労災の申請ができません。
ケース① 工務店の工事に従事する大工

  • 自分の判断で工事に関する具体的な工法や作業手順を選択できた
  • 事前に連絡すれば仕事を休んだり、作業開始時刻や切り上げ時刻も自由にできた
  • ほかの工務店等の仕事をする事を禁じられていなかった
  • 報酬の取り決めは完全な出来高払いの方式が中心とされていた
  • 一般的に必要な大工道具一式を自ら所有し現場に持ち込んで使用していた

ケース② 手間請け従業者である大工

  • 具体的な仕事を承諾するかどうかは諸条件を交渉して決定していた
  • 会社から立体図と平面図が渡されるが、具体的作業方法は特別指示されていなかった
  • 勤務時間の定めは全くなく、出勤簿もなかった
  • 他の大工に手伝ってもらうことができ、その報酬は本人が支払っていた
  • 報酬は坪単位によって決定され、毎月工事の進行状況に応じて支払われた
  • 4,5か月会社の仕事をしなかったことがあり、工期に遅れない限り他社の仕事をする事も許されていた

ケース③ アンカー職人である一人親方

  • 会社から仕事を受けるか否かの自由、一定の期間や日時の仕事を断る自由があった
  • 仕事の依頼や業務に従事すべき旨の指示に対する諾否の自由があった
  • 作業の段取り、手順等は各職人がその知識や技術に基づいて決めていた
  • 報酬は基本的には出来高に対するもので、多い時は従業員として従事した場合に比べてはるかに高額であった

ケース④ グループで仕事を引き受けていた板金工

  • 板金工は5名の同業の職人とグループで仕事を引き受けていた
  • 構成員相互間には使用従属関係はなく、仕事を引き受けるか否かについても、相談の上決定していた
  • 特定の会社の仕事に従事しなければならないとの拘束はなく、他の仕事に従事する事も自由であった
  • 仕事の報酬については、グループ全体で完了した出来高に応じて支払われた
  • 必要な資材は会社から支給されたが、工事はグループで購入した道具類や個人で所有している道具類を使用していた

一人親方労災についてご案内

相談無料 携帯可 土日祝応相談

受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)
main@roumu-110.co.jp

受付時間:24時間365日(営業時間内に返答致します)

土日祝日も相談可能です。一人親方労災保険のことならお気軽にご相談ください。

一人親方労災保険に関するお悩みはございませんか?
お気軽にご相談下さい。

面談予約・ご相談はこちら

平日/9:00~18:00

054-637-3131

創業29年、社労士業務を基にあらゆる角度から
経営をフルサポート致します。

TOP