就業規則に強い静岡の社会保険労務士事務所

給与計算、賃金制度、就業規則作成。静岡の社労士事務所。就業規則作成のほか、法改正に合わせた就業規則の見直しを5名の社労士がバックアップ。

HOME » 中小企業経営支援 » 社会保険手続き » 社会保険・労働保険の手続き

社会保険・労働保険の手続き

会社は、社員の入社・退社をはじめとし、様々なシーンに応じて、所轄官庁へ手続をしなければなりません。法改正等により、年々複雑かつ煩雑化する 労働保険や社会保険の手続に 必要以上に時間と労力をかけてはいませんか? 煩雑な業務は、アウトソーシングでコストダウンが可能です。 当事務所なら、法改正にもいち早く対応し、適切かつ迅速に処理を致します。

採用時、退職時の面倒な手続きをスピーディーに


毎年原則として7月10日までに行う

「労働保険(労働者災害補償保険、雇用保険)概算確定保険料申告」(年度更新)

「健康保険・厚生年金保険標準報酬月額算定基礎届」(算定基礎)

は、その基礎となる賃金の定義や、保険料の算出について専門知識が必要で、それが適正に行われていなければ、雇用保険の失業給付、健康保険の保険給付の額や、将来の年金額に大きな差が出てきて、受給者が不利益を被るケースもでてきます。
 そのような場合、事業主に損害賠償責任を請求されることもありますので、これらの事務処理には十分な注意が必要となります。

 また、事業主が申告や届出を所定の期限までに行わなかったときや、申告した額に誤りがあったとき、また保険料を所定の期限までに納付しないときには税金と同じように追徴金や延滞金が徴収される場合がありますので、やはり適正な事務処理が必要とされます。

 当所は、これらの事務処理を事業主に代わって的確に行います。
詳しくは、お気軽にお問合せください。

高齢者継続雇用でお悩みをズバリ解決!!


当所では、定年後再雇用する高齢者の賃金と年金のシュミレーションを、専用のソフトを使って提示することが可能です。 従業員と再雇用後の条件を話し合う際の資料として活用できます。

 また経営者の方も世代交代で年金と役員報酬のバランスを考えた時、ご相談下さい。